fc2ブログ

ドライブのゲーム1

水田景子、病弱な文学少女。
川奈健次、水田景子は健次の永遠の憧れの人。
下村由美、景子の女友達。
小野治、健次の親友で、由美の友人。

ほらそこのちょっと生地が薄手の真っ白なワンピースを着たら、ドライブに出かけるぞ。
由美は、治の運転する車の、助手席に座って、ほらお前の着ているワンピは透け気味で、
お前の着ている下着が、うっすら透けて見えてるし、このワンピは前ボタン方式だから、
簡単に前を開ききれるからな、だから、赤信号で停止するたびに、
上からボタンを一つづつ外していくんだよ、
そう治は由美に命じるような口調でそう告げるのです。
最初に赤信号で停止したぞ、ほら一番上のボタンを外すんだ。
こういうゲームっぽいことで、お前を羞恥心を煽る責めもいいもんだよ。
おおおっ、いまちょうど信号機が青から黄色になったところでは、
停止するのも事故のもとだから、次の信号迄はワンピースのボタンは、
そのままだよな、ほら、一番上のボタンが外れていて、
胸周りが良く見え始めているよな。
なんだよ、由美、恥ずかしいのか、まだゲームは始まったばかりだぞ。
えっ、どこまでって、それは信号機の赤信号の数によるよな。
ほら、赤信号だよ、ふふふ二番目のボタンを外すんだ。
おやおや、ブラの肩紐と共に、ブラのカップがちらちら見えてきて、セクシーだな。
おや信号待ちの若い男性がお前の上半身をじろじろ見つめているぞ。
あの男性に見つめられて、お前も感じ始めているんじゃないだろうな。
こらこら、ボタンをはずした後の襟元を無理やり閉じるんじゃない。
そのまま広げておくんだよ、そうそうブラのカップをあの男性も見えるようにだ。
おやおや、信号が青に変っちゃったからあの男性に見られなくなって、
ほっとしているんじゃないのか。
ほらほら、次の信号が青のままだけど、三つ目のボタンを外すと、
ブラの下まで見えてしまうんだよな。


画像について。
ネイビーブルーのフレアースカート。
花柄のミニワンピース。
ノースリーブってセクシーですよね。


続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

初めての繋がり。

水田景子、病弱な文学少女。
川奈健次、水田景子は健次の永遠の憧れの人。
下村由美、景子の女友達。
小野治、健次の親友で、由美の友人。

健次は、景子をお姫様抱っこをして、そのまま健次のベットへ優しく仰向けに横たえてから、
健次の小物入れからスキンを一つ取り出して、そのスキンをペニスへ、覆いかぶせ終わると、
景子の横たわっている横に座って、乳房を唇で撫でて、景子の最後のショーツを両手で掴み、
ずらし、両足から抜き去って、ショーツをベットの脇へ置き、健次は立膝で景子の足を、
広げながら景子の膝も立てて、景子の身体に覆いかぶさりました。
そして景子のうなじに、耳たぶに、唇を這わせ、「景子、可愛いよ、好きだよ。」そう囁きながら、
指は景子の女の部分を、広げて、さすり、濡れているその女の部分から、
健次の指にその湿り気を、ペニスへ移し、景子の女の部分へそのペニスをあてがい、
右手でペニスを掴んで、肉ひだをペニスでこすります。
景子、大好きだ、中に入るよ、力を抜くんだよ、景子は黙ってうなずいて、
健次に身も心も預けているって言う感じが愛らしいです。
ペニスがじわっと女の部分へそして、挿入を開始です。

じわじわと、亀頭部分が景子の中に埋め込まれて、更に亀頭が奥へ入っていきます。
亀頭がどんどん奥へ進み、ぐっと狭い膣の中をさらに押し進めて、
ペニスは根元まで挿入されて、二人の初めての繋がり終えました。
景子は健次の背中に廻している両手に力が入ります。
景子は健次のモノを女の部分に受け入れて、痛かったんですけど必死に我慢して、
健次を受け入れて初めての二人の繋がりを、実感しているんです。


画像について。

得意のポーズです。
このポーズも好きです。
カーディガンを腕に抱えてポーズです。

続きを読む

民宿の部屋で、二。

水田景子、病弱な文学少女。
川奈健次、水田景子は健次の永遠の憧れの人。
下村由美、景子の女友達。
小野治、健次の親友で、由美の友人。

景子の恥じらう顔と共に、凛と上を向いている景子の綺麗なピンク色の乳首が、
憧れの景子のおっぱいを目の前にして、冷静さはとっくに飛んで行ってしまっています。
もう優しくとか、いたわりながらとか、そんな余裕などありません、
ぐいっとふくよかな左側の乳房を両手で鷲掴みで乳首を盛り上げたところでガブッと、
かぶりついて、舌先で乳首を舐めころがす感じで、さらに唇で挟み込んで、
ちょっとつまむ感じにしているんです。
景子は、じっと健次のするのを黙って受け入れていることが奇跡かと思われます。
摘まんでいた唇を離して、右側の乳房を同じように掴み、乳首を口に含み、
舌で転がし、唇で挟んで引っ張るてみたんです。
もう景子は、健次のすることをすべて受け入れている、こんなこと奇跡だと言わんばかりに、
掴んでいた乳房から両手を離し、スカートの後ろ側のホックを震える手で、
外し、そろそろと、フロアーにずり下すと、そのままスカートをソファーの脇へ置き、
腰回りのパンティストッキングの淵を両手で掴みやっぱりそろそろとずり下すのを、
景子と二人で共同で降ろしていく姿が、何とも健次の決意と景子の覚悟が、
見て取れて、早く早くと、せかせばせかすほど、ストッキングがうまくずり下せないのが、
歯がゆいばかりですが、何とか両足からストッキングも脱がし終えたんです。
景子はもう真っ白な薄いショーツ一枚です。
健次は、もう焦りながら自分も上半身の着ているシャツや下着を脱ぎ去り、
下腹部はもう爆発寸前ですがズボンのバンドを震える手で緩め、フロアーにズボンを下げて、
景子のスカートの置かれている脇へと置いて、健次も景子も下半身を覆っている、
下着だけの姿です。
健次は、景子の前に立って、景子の唇に健次の唇を重ねながら、右手で背中をささえながら、
左手をショーツの中へ滑り込ませ、秘部を静かに弄り、肉ひだの中央へと、指先が進み、
景子は健次の背中に両手を絡めて、健次の指先の動きを助けるようにしているんです。
景子の秘部は、指を受け入れられるように十分に潤っていたんです。
舌と舌が絡み合うキスをしながら、健次の指がクリトリスを潤った指先でこすりつけると、
たまらず景子の声が「あああ、優しくね、優しく、あああ。」
指がクリトリスを優しくこすり上げ、そのまま肉ひだの中央へ、ずっぼりと薬指の関節が、
全て埋まるほどに埋め込まれてしまいました。
景子の発する声がもうたまらないわ、「くぅぅぅっ、あああああ。」
景子のしがみついていた両手に更に力がかかっています。

画像について。
一、白のワンピースの裾を広げて、あっ、裏地が!
二、ワンピースの裾が捲れちゃって、
三、花柄のミニプリーツスカートを穿いて、
IMG14004hhh9.jpgIMG14009hhh9.jpgIMG14178hhh9.jpg

民宿の部屋で、一。

水田景子、病弱な文学少女。
川奈健次、水田景子は健次の永遠の憧れの人。
下村由美、景子の女友達。
小野治、健次の親友で、由美の友人

海水浴で体中塩分だらけで、風呂場で十分洗ってから、景子は先に風呂から上がっていて、
薄化粧まですませて、民宿の女将の手伝にテーブルへ夕食の、ごはんとみそ汁を準備している、その姿が、またまた、健気で愛おしさが増してしまって、そこにおかみが居なければって、
思ってしまっている健次でした。
そんなこんなで夕食も済んで、ベッドのある部屋に一人、引き上げている健次。
部屋も暗くして寝る支度かなって、思っているところに。
部屋をノックしてきた景子は、健次一人がいるベッドの部屋に、
健次君、今何しているのと言いながら健次の脇に佇む景子ですが、
ある覚悟を胸に秘めて入ってきたんです。
おいおい、健次はドキッと胸が締め付けられる思いを隠すように、
うん、今日は久しぶりに海での泳ぎで疲れたから、早めに寝ようかなって、
思っているところだったんだよ。
部屋に入って来た景子は、ある決心をして入って来たであろうことを、隠すかのように、
健次の側に佇む景子と、黙って窓辺に立っている健次の二人が、
浜辺の先の灯台の明かりを見つめているんです。
健次はそっと景子の左の肩を優しく抱いてみたんです。
景子はされるままに健次の肩に頭を傾けるようにしながら、灯台の光を見つめているんです。
健次は、その時思い切って肩に置いていた手を景子の脇の下へ滑り込ませて、
ブラウスの上からでも、ふっくらした景子の乳房を感じています。
健次の右手が景子の下顎を掴み顔を仰向けにしながら、景子の唇と健次の唇が重なって、
そのまま健次の唇で景子の唇にそってなぞりながら、そろそろと舌を景子の唇を割って、
歯の間をこじ開けてみたんです。
景子は、健次の舌を口の中へ侵入されてしまった時、景子の舌が健次の舌と触れ合ってしまって、
二人共に、もう胸の鼓動が早くなるばかりで、お互いの舌を絡ませあいながら、
ディープな口づけをしているんです。
健次は、ディープな口づけをしながら、左手の乳房に触れている手のひらを、
軽くふくらみを掴んでみるんです。口づけと、胸への刺激で景子はたまらず、
健次の首に両手を絡ませて、ああん、と声を漏らし、健次の下半身に、
景子の腰をこすりつけるように押し当てて来ました。
もう健次は、景子のこの仕草で思い切って、月明かりの窓辺で景子のブラウスのボタンを、
懸命に慣れない手つきで震えながら、ひとつ一つと、外していくき前のボタンがすべて外れて、両腕から脱がせ終わると、真っ白なブラを取り去るべく、景子を後ろ向きにさせて、
ブラのホック外し肩紐をずらし、ついにブラが景子の身体から、取り外されて。
凛と上を向いている景子の綺麗なピンク色の乳首が、目に飛び込んできて、
思わず立ち眩みに合った感じになってしまった健次。
あれほどよなよな景子のおっぱいを見たいとねがっていたことが、景子の恥じらう顔と共に、
今目の前に現れています。

画像について。
ネイビーブルーのフレァーミニスカート。
花柄のミニプリーツスカート。
白のミニワンピース、ピンクのカーディガンを羽織って。



続きを読む

憧れの人、水田景子

水田景子、病弱な文学少女。
川奈健次、水田景子は健次の永遠の憧れの人。
下村由美、景子の女友達。
小野治、健次の親友で、由美の友人

国語の教科書
景子と由美が、昼休みの校庭でだべっていると、
健次が国語の教科書をもって景子さん、ここの文章どういう意味なんですか。
景子は由美の手前、いま昼休み中なのに、川奈君勉強熱心ね。
と言いながら、丁寧に健次に分の解釈を説明している、水木景子の言葉が耳に入っ来る前に、
凛とした、神々しい憧れそのものの顔として、
五十年たった今でも、健次の脳裏に焼き付いています。

お姫様抱っこと、ファーストキス
夏休みの時期に、友人たちと海水浴に到着して、車から脱衣所へ向かっている時に、
細長いくぼみに立ち止まっていた景子に追いついた健次は、いきなりフレアースカートの裾を、
右腕で太腿に束ねながら掴み、そのまま左腕を景子の背に回して、抱き上げて、
景子の両腕は、自然に健次の首にしっかりと、廻していて、いわゆるお姫様抱っこです。
二人の目と目がとっても自然に見つめあい、健次も、景子も唇と唇が重なっていても、
何の違和感もなく自然の流れのように、二人共に初めてのファーストキスでした。
そのくぼみを跨いで、景子をその場におろして、二人並んで浜辺へと歩いて行くのです。

景子への口づけ
景子は病弱の為、体育の授業はいつも見学をしていたのですが、もちろん水泳の授業でも、
見学が当たり前でした。
でも海水浴場ではなぜか一生懸命バタ足や両腕を廻して懸命に泳ぎの練習をする、
景子を見ていた健次は、健気で愛らしいなとの思いで、両腕で景子の両手を握ってやって、
バタ足の練習に付き合うのです、そしてつぎに健次の両腕が、景子の身体を包むように、
水に浮かべて泳ぐ感覚を教えています。
その間の景子の健気な仕草や頼り切った景子の動作に、健次の下半身は。
はつらつとした状態になっているのは、海水の下ではわかりません。
もちろん、悪気はなかったのですが、頼り切っている手を、一瞬離して溺れそうになっている、
景子を助けるように抱き上げて、景子の顔が海水ずぶ濡れのままの唇に健次の唇を、押し付けて、えっ、えっ、って多少の動揺を隠すかのような景子に、肩に手をそえてながら、
互いに目と目を見つめあい、健次の唇を待ちわびるようなしぐさの景子。
健次の首に両手を絡めながら景子は目を閉じ、健次は景子の頬を優しく包み込むようにして、
再び景子の唇へ健次の唇を重ねると、身も心も健次に預けて景子の姿は、
実に純愛の情景そのもののように見えます。
IMG13545hhh9.jpgIMG13714hhh9.jpgIMG13780hhh9.jpg
画像について。
何故か白いロングドレスを着たんです。
黒のミニスカート。
白のミニワンピース。

プロフィール

lhxz96hbhbxk

Author:lhxz96hbhbxk
恵子
清楚で上品な女性が好きな、
熟な女装子です。
いろいろな方と交流が出来ればなって、
思っていますので、よろしくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カテゴリ