fc2ブログ

憧れの人、水田景子

水田景子、病弱な文学少女。
川奈健次、水田景子は健次の永遠の憧れの人。
下村由美、景子の女友達。
小野治、健次の親友で、由美の友人

国語の教科書
景子と由美が、昼休みの校庭でだべっていると、
健次が国語の教科書をもって景子さん、ここの文章どういう意味なんですか。
景子は由美の手前、いま昼休み中なのに、川奈君勉強熱心ね。
と言いながら、丁寧に健次に分の解釈を説明している、水木景子の言葉が耳に入っ来る前に、
凛とした、神々しい憧れそのものの顔として、
五十年たった今でも、健次の脳裏に焼き付いています。

お姫様抱っこと、ファーストキス
夏休みの時期に、友人たちと海水浴に到着して、車から脱衣所へ向かっている時に、
細長いくぼみに立ち止まっていた景子に追いついた健次は、いきなりフレアースカートの裾を、
右腕で太腿に束ねながら掴み、そのまま左腕を景子の背に回して、抱き上げて、
景子の両腕は、自然に健次の首にしっかりと、廻していて、いわゆるお姫様抱っこです。
二人の目と目がとっても自然に見つめあい、健次も、景子も唇と唇が重なっていても、
何の違和感もなく自然の流れのように、二人共に初めてのファーストキスでした。
そのくぼみを跨いで、景子をその場におろして、二人並んで浜辺へと歩いて行くのです。

景子への口づけ
景子は病弱の為、体育の授業はいつも見学をしていたのですが、もちろん水泳の授業でも、
見学が当たり前でした。
でも海水浴場ではなぜか一生懸命バタ足や両腕を廻して懸命に泳ぎの練習をする、
景子を見ていた健次は、健気で愛らしいなとの思いで、両腕で景子の両手を握ってやって、
バタ足の練習に付き合うのです、そしてつぎに健次の両腕が、景子の身体を包むように、
水に浮かべて泳ぐ感覚を教えています。
その間の景子の健気な仕草や頼り切った景子の動作に、健次の下半身は。
はつらつとした状態になっているのは、海水の下ではわかりません。
もちろん、悪気はなかったのですが、頼り切っている手を、一瞬離して溺れそうになっている、
景子を助けるように抱き上げて、景子の顔が海水ずぶ濡れのままの唇に健次の唇を、押し付けて、えっ、えっ、って多少の動揺を隠すかのような景子に、肩に手をそえてながら、
互いに目と目を見つめあい、健次の唇を待ちわびるようなしぐさの景子。
健次の首に両手を絡めながら景子は目を閉じ、健次は景子の頬を優しく包み込むようにして、
再び景子の唇へ健次の唇を重ねると、身も心も健次に預けて景子の姿は、
実に純愛の情景そのもののように見えます。
IMG13545hhh9.jpgIMG13714hhh9.jpgIMG13780hhh9.jpg
画像について。
何故か白いロングドレスを着たんです。
黒のミニスカート。
白のミニワンピース。

スポンサーサイト
[PR]

ー佐藤に嬲られ辱められる由美七

水田由美、みずたゆみ、健次の妻
水田健次、みずたけんじ、由美の夫
小川修一、おがわしゆういち、水田由美をマゾ女に調教している健次の友人
佐藤博史、さとうひろし、健次を女装マゾに調教している健次の友人

今日は妻に健次の舌を受け入れてもいいと許可していたこと。
修一が話して行くにつれて、健次は頭がぼうっとなるとともに猛烈な嫉妬を覚え、
それゆえの猛烈な性欲を覚えました。
ああ。だから妻は健次の舌をあれほど情熱的に受け入れたのか。
 健次はまた修一に引かれて、妻の後姿を見せられる位置に立たされました。
やめろッ、由美!お前が佐藤のペニスに屈従することはない!
佐藤が厳しい声で妻に命令しました、由美、私の側に来て跪け。
妻は従順に佐藤に近づき、彼の前に跪きます。佐藤は仁王立ちになり、
勃起した性器を天に向けながら左右の手を腰において妻の奉仕を待っています。
佐藤は、由美の下顎を掴みながら、ほら口をあけてこのモノを咥えるんだ、
由美は黙って佐藤の奴隷なのかと思わせるように指示通りに従うばかりです。
佐藤は、ときどき健次に勝ち誇った視線を送って来ます。やめろッ!由美!やめるんだ。
やめてくれ。佐藤の性奴隷に落とされた健次にそう叫ぶ資格はありません。権利もありません。
心の中で叫ぶだけ。喉から絞り出すように悲痛な健次の叫びは、もちろん何の効果もなく、
健次の妻は今、夫以外の男の股間に口を寄せて、そのペニスを口に咥え、
そして屈辱的な奉仕をさせられるのです。
しかも、由美はその汚辱の奉仕を嫌々ではなく自ら進んでして、そのことに欲情している。
ほら由美、自分から博史の勃起しているモノを手に取りペニスの先の液を舐め啜り、
おもむろに、由美の小ぶりな口を大きく開き、佐藤のペニスを含み、舌で味わい、
唾液まみれにしたペニスを由美の喉奥へと、自ら誘うように、誘導し、うっぐぅっ、ぐぅぅぅ。
喉奥へ誘導したところ、博史の両手が由美の耳元を押さえつけて、由美のいきなり喉奥へ、
ぐいぐいと、突っ込まれてしまったんです。
由美は、涙目になりおえつを繰り返し、自ら佐藤のモノを口から吐き出してしまったんです。
佐藤は、いきなり由美の頬へ平手でバシーん、手の甲でバシーん、往復ビンタをはなったのです。
由美は、よろめきながらも、元の位置へ戻って、また耳元を両手で押さえつけられて、
先ほどよりさらにいきり立っている博史のモノが、由美の口にぐいぐいと、突っ込まれて、
博史の腰が前後へ気持ちよさそうに動かしているところへ、修一に由美、お前の秘部を、
指で弄るんだ。なんと口を豪棒で犯され、自らの指で、びしょびしょの秘部を弄っている、
由美の様は、躾と称する快楽責めです。
ああ。女の体と心の哀しさ。そんな妻を見せられて興奮している男の体と心の哀しさ。
いつの間にか僕のスカートの中で淫具が動き始めていました。
 念入りにたっぷりしゃぶらせた挙句、佐藤はその激しく勃起したものを、
妻の口から引き抜いて僕に見せつけるのです。グッショリ濡れて光っている勃起した男性器!
妻が舌と口で濡らした男性器!佐藤は後ろ手縛りの妻を床に四つん這いにして、いいえ、
顎で体を支えさせた姿勢を取らせて、無造作に由美を貫きました。
肉棒をグッと突っ込まれる妻。きっと彼女もぐっしょりと濡れているはず。
激しい突き上げ運動が彼女を責めています。健次は見るのがつらくて目を閉じるけど、
妻の淫らな喘ぎ、切ない声が耳に入るのを防ぐことはできません。
あああ、博史さん私の中に固いモノが入ってきていますぅぅっ、くぅぅぅっ、あああ。
その時、僕のスカートの中の淫具の振動が変わりました。振動の周波数が自動変動し、
強度もそれにつれて増減するとてもいやらしい動き。アアァ。それまでの視覚刺激と、
振動刺激で迫り上げられていた健次は限界へと追い詰められて行きます。
妻を見れば、後ろ手縛りの不自由な体ながら、佐藤の腰の突き上げがもたらす、
地獄の歓喜に迎合するように、あられもなく尻を左右に振って快感を貪っています。
いやいや、あああ、だめぇぇっ、いいの、たまらないわぁぁ。
ああ、由美のさっきの舌の感触!今の僕のスカートの中の感覚!
あああいくいくいくくくくうううぅぅぅ、いくううううぅぅぅっ。
数秒で僕の妻は哀しい声を絞り出して佐藤とともに果てたのです。
ああ。妻のそんな姿を見せられた瞬間、僕も淫具によって逝かされたのです。
修一の意地悪な視線を意識しながら、スカートに包まれた腰を引いたり左右に振ったりして、
刺激を逃がすことで、立たされたままでの射精の切なさ、つらさに耐えたのです。
スカートの下では重ねたペチコートに精液が放出されてグッショリ濡れてしまいました。
純子の生き地獄。それは、射精させられたあとも、淫具のいじめが僕のスカートの中で、
続けられたことでした。
後ろ手縛りの妻は床に横たわりながら、
くぅぅ、は、ぁ、はぁっ、はぁ、はぁ、と息を整えてながら、夫の見ている前なのに、
佐藤のモノで、逝き果てさせられたあとの、余韻が由美の身体を支配しているかのように、
見えるんです。
佐藤は早々に下着を、着け始めているのに、僕だけは許されないつらさ。
惨めさ。「さて、と。少し休憩してから、水田と佐藤の結婚式だ!」修一が宣言しました。
「もうちょっと休ませてくれ」、佐藤も由美の中へ精を放出した後の余韻に浸っているかのように、
と佐藤が言いました。

画像について。
真っ白なミニワンピース。
黒のワンピース。
白、ネイビーブルー、ピンク、の三色を身に着けてみました。

続きを読む

ー佐藤に嬲られ辱められる由美六

水田由美、みずたゆみ、健次の妻
水田健次、みずたけんじ、由美の夫
小川修一、おがわしゆういち、水田由美をマゾ女に調教している健次の友人
佐藤博史、さとうひろし、健次を女装マゾに調教している健次の友人


その時どんなふうに感じたのか、修一とのキスと比べてどうだったのか。
健次に抱かれてよかったのか。健次とは何を話したのか。
修一は、すべてをこのように由美の口から詳細に訊き出し、報告させていたのです。
その報告が終わると、そのまま調教を開始するんです。
由美を、白のミニワンピースの上から、麻縄で上乳側や下乳側を、
ぎっちり息苦しくなるほど、強く縛り上げ、両足を広げさせたまま立たせて、
スカートの裾をたぐらせて、乗馬用の鞭で痛めつけたんです。
叩く箇所が、鞭打ちの後を健次に発見されずらいように、
由美の太腿の内側や内側のきわどい箇所と、太腿の下部や、脹脛へ鞭を打ち付けて、
由美の痛みに耐えるように躾けたのです。
由美の痛みと辱められていることに耐える習慣は、こうして修一に少しづつ教え込まれ、
そして、妻には今後いっさい夫の舌を受け入れないよう約束させるのです。
それでも由美は健次との愛の営みの最中に妻は何回か約束を破ったので、
修一はその都度、由美をきびしく訊問し、約束が守られていないことが判明すると、
由美は修一に厳しく躾けられるのですが、その躾は、回を追うごとにより厳しくなっていくのは、
この世の常です。
なんだ由美、あれほど私の指示に従えと身体にも心にも教え込んできたのに、
今回は、守れなかったんだな。
「修一様、もうしわけございません、私の不注意で夫の舌を口の奥まで受けいれて、
しかもお互いに舌と舌を絡ませあい、舌を吸いあってしまいました。」
何が申し訳ございませんだ、覚悟はできているんだろうな。
由美の厳しい躾けの時間だ。
由美、私の前で真っ裸になるんだ、お前の裸の身体に麻縄で、上乳側や下乳側を、
ぎっちり息苦しくなるほど、強く縛り上げ、両足を広げさせたまま立たせて、
乗馬用の鞭で躾けていたんです。
その叩く箇所は、はじめのうちは、鞭打ちの後を健次に発見されずらいように、
由美の太腿の内側や内側のきわどい箇所と、外の上側へ鞭を打ち付けていたのですが、
修一との約束を守れない女には、そんな生ぬるいお仕置きでは、次も約束を守らないだろう。
そういうことのないように、これからの躾の時間は、厳しいものになるぞ。
ほら歯を食いしばれ、バシーん、バシーん、上半身を麻縄で縛り上げられている由美の頬へ、
強烈なビンタを修一から受けて、思わずよろよろとフロアーに横倒しになると、
修一は、足で、由美の顔を踏みつけて、哀れな姿に追い込み、再び胸の縄を掴まれ、
起こされ、胸や腹にきつい鞭が振り下ろされて、由美はくぐもった呻き声を漏らしながら、
由美は痛みに耐えてさせられるんです。
「ひぃーーっ、修一様、お約束を守れずに申し訳ございませんでした、以後このような失態を、
いたしませんからどうぞお許しください。」こうして由美の修一への服従心を、
教えこまされていたのです。
それゆえ今でこそ、鞭で打たれ続けて惨めな思いを抱きしめながら、逝き果ててしまう、
由美ですが、修一は、こういう躾と称する調教をするようになって由美は、痛みにも耐える、
修一の言いなり奴隷へと躾けられてきたんです。
実際、修一は由美と逢うたびに健次との性生活を事細かに報告させて、
由美はとても従順にすべてを話していたのです。


画像について。
大好きな白のワンピースを着てポーズを取りました。
超ミニのワンピースなので、下から覗かれるのは、恥ずかしすぎます。

続きを読む

プロフィール

lhxz96hbhbxk

Author:lhxz96hbhbxk
恵子
清楚で上品な女性が好きな、
熟な女装子です。
いろいろな方と交流が出来ればなって、
思っていますので、よろしくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カテゴリ