fc2ブログ

ー佐藤に嬲られ辱められる由美七

水田由美、みずたゆみ、健次の妻
水田健次、みずたけんじ、由美の夫
小川修一、おがわしゆういち、水田由美をマゾ女に調教している健次の友人
佐藤博史、さとうひろし、健次を女装マゾに調教している健次の友人

今日は妻に健次の舌を受け入れてもいいと許可していたこと。
修一が話して行くにつれて、健次は頭がぼうっとなるとともに猛烈な嫉妬を覚え、
それゆえの猛烈な性欲を覚えました。
ああ。だから妻は健次の舌をあれほど情熱的に受け入れたのか。
 健次はまた修一に引かれて、妻の後姿を見せられる位置に立たされました。
やめろッ、由美!お前が佐藤のペニスに屈従することはない!
佐藤が厳しい声で妻に命令しました、由美、私の側に来て跪け。
妻は従順に佐藤に近づき、彼の前に跪きます。佐藤は仁王立ちになり、
勃起した性器を天に向けながら左右の手を腰において妻の奉仕を待っています。
佐藤は、由美の下顎を掴みながら、ほら口をあけてこのモノを咥えるんだ、
由美は黙って佐藤の奴隷なのかと思わせるように指示通りに従うばかりです。
佐藤は、ときどき健次に勝ち誇った視線を送って来ます。やめろッ!由美!やめるんだ。
やめてくれ。佐藤の性奴隷に落とされた健次にそう叫ぶ資格はありません。権利もありません。
心の中で叫ぶだけ。喉から絞り出すように悲痛な健次の叫びは、もちろん何の効果もなく、
健次の妻は今、夫以外の男の股間に口を寄せて、そのペニスを口に咥え、
そして屈辱的な奉仕をさせられるのです。
しかも、由美はその汚辱の奉仕を嫌々ではなく自ら進んでして、そのことに欲情している。
ほら由美、自分から博史の勃起しているモノを手に取りペニスの先の液を舐め啜り、
おもむろに、由美の小ぶりな口を大きく開き、佐藤のペニスを含み、舌で味わい、
唾液まみれにしたペニスを由美の喉奥へと、自ら誘うように、誘導し、うっぐぅっ、ぐぅぅぅ。
喉奥へ誘導したところ、博史の両手が由美の耳元を押さえつけて、由美のいきなり喉奥へ、
ぐいぐいと、突っ込まれてしまったんです。
由美は、涙目になりおえつを繰り返し、自ら佐藤のモノを口から吐き出してしまったんです。
佐藤は、いきなり由美の頬へ平手でバシーん、手の甲でバシーん、往復ビンタをはなったのです。
由美は、よろめきながらも、元の位置へ戻って、また耳元を両手で押さえつけられて、
先ほどよりさらにいきり立っている博史のモノが、由美の口にぐいぐいと、突っ込まれて、
博史の腰が前後へ気持ちよさそうに動かしているところへ、修一に由美、お前の秘部を、
指で弄るんだ。なんと口を豪棒で犯され、自らの指で、びしょびしょの秘部を弄っている、
由美の様は、躾と称する快楽責めです。
ああ。女の体と心の哀しさ。そんな妻を見せられて興奮している男の体と心の哀しさ。
いつの間にか僕のスカートの中で淫具が動き始めていました。
 念入りにたっぷりしゃぶらせた挙句、佐藤はその激しく勃起したものを、
妻の口から引き抜いて僕に見せつけるのです。グッショリ濡れて光っている勃起した男性器!
妻が舌と口で濡らした男性器!佐藤は後ろ手縛りの妻を床に四つん這いにして、いいえ、
顎で体を支えさせた姿勢を取らせて、無造作に由美を貫きました。
肉棒をグッと突っ込まれる妻。きっと彼女もぐっしょりと濡れているはず。
激しい突き上げ運動が彼女を責めています。健次は見るのがつらくて目を閉じるけど、
妻の淫らな喘ぎ、切ない声が耳に入るのを防ぐことはできません。
あああ、博史さん私の中に固いモノが入ってきていますぅぅっ、くぅぅぅっ、あああ。
その時、僕のスカートの中の淫具の振動が変わりました。振動の周波数が自動変動し、
強度もそれにつれて増減するとてもいやらしい動き。アアァ。それまでの視覚刺激と、
振動刺激で迫り上げられていた健次は限界へと追い詰められて行きます。
妻を見れば、後ろ手縛りの不自由な体ながら、佐藤の腰の突き上げがもたらす、
地獄の歓喜に迎合するように、あられもなく尻を左右に振って快感を貪っています。
いやいや、あああ、だめぇぇっ、いいの、たまらないわぁぁ。
ああ、由美のさっきの舌の感触!今の僕のスカートの中の感覚!
あああいくいくいくくくくうううぅぅぅ、いくううううぅぅぅっ。
数秒で僕の妻は哀しい声を絞り出して佐藤とともに果てたのです。
ああ。妻のそんな姿を見せられた瞬間、僕も淫具によって逝かされたのです。
修一の意地悪な視線を意識しながら、スカートに包まれた腰を引いたり左右に振ったりして、
刺激を逃がすことで、立たされたままでの射精の切なさ、つらさに耐えたのです。
スカートの下では重ねたペチコートに精液が放出されてグッショリ濡れてしまいました。
純子の生き地獄。それは、射精させられたあとも、淫具のいじめが僕のスカートの中で、
続けられたことでした。
後ろ手縛りの妻は床に横たわりながら、
くぅぅ、は、ぁ、はぁっ、はぁ、はぁ、と息を整えてながら、夫の見ている前なのに、
佐藤のモノで、逝き果てさせられたあとの、余韻が由美の身体を支配しているかのように、
見えるんです。
佐藤は早々に下着を、着け始めているのに、僕だけは許されないつらさ。
惨めさ。「さて、と。少し休憩してから、水田と佐藤の結婚式だ!」修一が宣言しました。
「もうちょっと休ませてくれ」、佐藤も由美の中へ精を放出した後の余韻に浸っているかのように、
と佐藤が言いました。

画像について。
真っ白なミニワンピース。
黒のワンピース。
白、ネイビーブルー、ピンク、の三色を身に着けてみました。

続きを読む

ー佐藤に嬲られ辱められる由美六

水田由美、みずたゆみ、健次の妻
水田健次、みずたけんじ、由美の夫
小川修一、おがわしゆういち、水田由美をマゾ女に調教している健次の友人
佐藤博史、さとうひろし、健次を女装マゾに調教している健次の友人


その時どんなふうに感じたのか、修一とのキスと比べてどうだったのか。
健次に抱かれてよかったのか。健次とは何を話したのか。
修一は、すべてをこのように由美の口から詳細に訊き出し、報告させていたのです。
その報告が終わると、そのまま調教を開始するんです。
由美を、白のミニワンピースの上から、麻縄で上乳側や下乳側を、
ぎっちり息苦しくなるほど、強く縛り上げ、両足を広げさせたまま立たせて、
スカートの裾をたぐらせて、乗馬用の鞭で痛めつけたんです。
叩く箇所が、鞭打ちの後を健次に発見されずらいように、
由美の太腿の内側や内側のきわどい箇所と、太腿の下部や、脹脛へ鞭を打ち付けて、
由美の痛みに耐えるように躾けたのです。
由美の痛みと辱められていることに耐える習慣は、こうして修一に少しづつ教え込まれ、
そして、妻には今後いっさい夫の舌を受け入れないよう約束させるのです。
それでも由美は健次との愛の営みの最中に妻は何回か約束を破ったので、
修一はその都度、由美をきびしく訊問し、約束が守られていないことが判明すると、
由美は修一に厳しく躾けられるのですが、その躾は、回を追うごとにより厳しくなっていくのは、
この世の常です。
なんだ由美、あれほど私の指示に従えと身体にも心にも教え込んできたのに、
今回は、守れなかったんだな。
「修一様、もうしわけございません、私の不注意で夫の舌を口の奥まで受けいれて、
しかもお互いに舌と舌を絡ませあい、舌を吸いあってしまいました。」
何が申し訳ございませんだ、覚悟はできているんだろうな。
由美の厳しい躾けの時間だ。
由美、私の前で真っ裸になるんだ、お前の裸の身体に麻縄で、上乳側や下乳側を、
ぎっちり息苦しくなるほど、強く縛り上げ、両足を広げさせたまま立たせて、
乗馬用の鞭で躾けていたんです。
その叩く箇所は、はじめのうちは、鞭打ちの後を健次に発見されずらいように、
由美の太腿の内側や内側のきわどい箇所と、外の上側へ鞭を打ち付けていたのですが、
修一との約束を守れない女には、そんな生ぬるいお仕置きでは、次も約束を守らないだろう。
そういうことのないように、これからの躾の時間は、厳しいものになるぞ。
ほら歯を食いしばれ、バシーん、バシーん、上半身を麻縄で縛り上げられている由美の頬へ、
強烈なビンタを修一から受けて、思わずよろよろとフロアーに横倒しになると、
修一は、足で、由美の顔を踏みつけて、哀れな姿に追い込み、再び胸の縄を掴まれ、
起こされ、胸や腹にきつい鞭が振り下ろされて、由美はくぐもった呻き声を漏らしながら、
由美は痛みに耐えてさせられるんです。
「ひぃーーっ、修一様、お約束を守れずに申し訳ございませんでした、以後このような失態を、
いたしませんからどうぞお許しください。」こうして由美の修一への服従心を、
教えこまされていたのです。
それゆえ今でこそ、鞭で打たれ続けて惨めな思いを抱きしめながら、逝き果ててしまう、
由美ですが、修一は、こういう躾と称する調教をするようになって由美は、痛みにも耐える、
修一の言いなり奴隷へと躾けられてきたんです。
実際、修一は由美と逢うたびに健次との性生活を事細かに報告させて、
由美はとても従順にすべてを話していたのです。


画像について。
大好きな白のワンピースを着てポーズを取りました。
超ミニのワンピースなので、下から覗かれるのは、恥ずかしすぎます。

続きを読む

ー佐藤に嬲られ辱められる由美五

水田由美、みずたゆみ、健次の妻
水田健次、みずたけんじ、由美の夫
小川修一、おがわしゆういち、水田由美をマゾ女に調教している健次の友人
佐藤博史、さとうひろし、健次を女装マゾに調教している健次の友人

どんなふうに健次に抱かれたのか。
由美は跪いて胡坐座りしている修一のペニスへ口で奉仕させられてから、由美の奉仕によって、
ギンギンな昂っている健次のペニスを下に見ながら、ワンピースの裾を広げ、背面座位の形で、
由美の膣奥へと突き上げられる形が、由美の好きな体位なんです。
由美と健次がつながったまま、由美は身体を捩り、由美の顔を両手で抱え、
健次の唇と由美の唇が重ねられて、半開きになっている由美の唇を吸い、
背面座位の形を保ったまま、由美の尻を上げては下げて、己のペニスで由美を下から、
突き上げるように抜き差しして、由美をますます追い込んでゆくのです。
どんなふうに舌を入れられたのか、どんなふうに感じたのか、修一のキスと比べて、
どうだったのか、抱かれて楽しかったのか、水田とは何を話したのか
すべてを妻の口から訊き出した後、妻を全裸にむいて、きつく縛り上げて、
その場に四つん這いに這わせ、思いっきり惨めな思いにさせながら、ベルトの鞭で叩き、
奉仕の心を身体にしみこませるように調教していたのです。
修一は妻をこのように、事細かに訊問して訊き出していたのです。
どんなふうに健次に抱かれたのか。
調教のムチは、夫の目につきにくい妻の太ももの上部内側に加えたとのこと。
妻には今後いっさい夫の舌を受け入れないよう約束させられたのです。
妻は健次との夫婦生活で何回か約束を破りました。修一はその都度、妻をきびしく訊問し、
調教は回を追うごとに厳しくしていったんです。
実際、修一は妻と逢うたびに夫との性生活を事細かに報告させているのです。
妻はとても従順にすべてを話していました。

画像について。
大好きなワンピースを着てハイポーズ、三枚。

続きを読む

ー佐藤に嬲られ辱められる由美四

水田由美、みずたゆみ、健次の妻
水田健次、みずたけんじ、由美の夫
小川修一、おがわしゆういち、水田由美をマゾ女に調教している健次の友人
佐藤博史、さとうひろし、健次を女装マゾに調教している健次の友人

 その時、スカートの中で淫具の動きが止まり、健次は由美から引き離されました。
修一でした。佐藤は相変わらず勃起したペニスを見せて仁王立ちに、
修一が後ろ手に縛った由美を有無も言わせぬように強く抱き寄せてキスを、
濃厚なキスをしています。
「うぐぅ、うぐぅぅ、うっ、くぅぅ。」妻は修一に舌を吸われて、修一の舌に妻の舌が、
絡め捕られて、修一は後ろ手に縛り上げられた妻の体のウエストを左右から両手で挟みながら、
修一の舌で妻の舌を捕らえて弄んでいる、健次は激しい射精欲求を覚えましたが、
射精は許されません。
と、修一は妻を許したのか、弄んでいた舌を解放し、口やウエストを掴んでいた手も、
放しました。妻は後ろ手縛りのまま、そこに立たされ、誰を見ていいのか分からないと言った、風情を漂わせながら俯いたままでいます。
そんな妻を満足そうに見ながら修一が健次に言いました。
修一 「水田。奥さんの舌はどうだった?いつもは拒まれていたんだろ?
さっきもお前が奥さんを抱いた時、舌を許されたんじゃないのか?なぜ許されたか、
その理由がお前に分かるか?」
 健次は驚きました。どうしてそんなことを知ってるんだ?修一は薄ら笑いを浮かべながら、
勝ち誇ったように説明するのでした。
大学を卒業した時点で、健次は由美とはつきあっていませんでした。
でも修一は由美とつき合っていました。セックスはしていなかったけど、
修一の言葉によれば、ディープ・キスで繋がった関係だったとのこと。ホテルに入っても、
由美は体こそ許さなかったようですが。
修一は、ディープなキスをしながらプリーツスカートの裾をたぐり、スリップの裾を弄り、
由美が両足を捩るたびにじわじわと修一の手が指が太腿をなぞりパンティーの脇まで、
たどり着くと、より強く由美の舌を吸い、唾液を飲ませながら、パンティーの脇から、
修一の指の侵入許してます。
「あっ、いや、夫の前で、そこに指なんか、あああっ、修一様ぁ、あああ感じていますぅ。」
由美の恥ずかし気な喘ぎ声が修一の耳元に漏れ聞こえてしまっています。
修一はいちおう釧路のお金持ちの息子で、学生時代からジェントルマンを気取っていて、
由美を力づくで犯すという蛮行はしませんでした。この点は修一の話と妻の話が一致しています。
確かに健次と由美が結婚したときには由美は処女だった。
しかし、妻はディープ・キスと秘部の指で弄られる快楽にあまりに馴らされていたので、
この愛撫は、由美には、ある意味、性交以上の快感を修一に教え込まれていたようです。
だから、健次と由美が結婚する前に修一に約束させられたこととは。
修一以外の男に舌は許すな、という約束を由美は、守り抜かされたのです。
健次が由美と結婚してから、妻は健次の舌を拒み続けました。
二人の愛撫の最中についつい健次に舌を吸われ舌の愛撫をされた時がありました。
そういうことがあった場合は、ベットで愛の営みの最中に、修一は妻を事細かに訊問して、
訊き出すのです。修一のペニスが由美の秘部に深く奥へ挿入されたまま、
どんなふうに舌を入れられたのか。
ほら言うんだよ、由美、ほらほらぐいぐい、聞かれるたびに修一の肉棒が、
由美の奥深くへ突き刺さされて、何度も抜き出しされ、何度も絶頂の頂へと導かれてしまったと、
修一に伝えたのです。


画像について。
一~三、共に、真っ白なワンピース。

続きを読む

由美のマゾへの道筋 六

ー佐藤に嬲られ辱められる由美 三

水田由美、みずたゆみ、健次の妻
水田健次、みずたけんじ、由美の夫
小川修一、おがわしゆういち、水田由美をマゾ女に調教している健次の友人
佐藤博史、さとうひろし、健次を女装マゾに調教している健次の友人

修一の命令でもあるし、夫への思いもまだ残っているようだから。
 佐藤が妻を立たせて佐藤のペニスに奉仕していたばかりの濡れた唇のままの由美を、
健次の前に連れて来ました。「女房だろ?キスしてやれよ」。
修一も意地悪な言葉を健次に投げつけます。「奥さんが苛められて泣いてるんだ。
キスして慰めてやれよ」、後ろ手に縛られた妻は、メイド服姿で後ろ手に縛られた夫を、
見上げています。妻の唇はこれまでの苦しさから半開きになり、
白い前歯がかすかに覗いています。健次は強制されて由美の顔に唇を近づけ、
その唇を強く吸いました。妻は修一と佐藤に散々調教されてきたようで、唇を大きく開けて、
健次の舌の侵入を待っています。
ああ、可哀そうに、こんな無残なこと、夫婦でのセックスの時、妻は決して夫の舌を、
受け入れようとはしなかったのです。
それが今では、妻が受けた調教を想いました。
どれだけきつい調教だったのか。どれだけ厳しい折檻を受けたのか。
どんなに屈辱的な体罰を受けたのか。
そんなことを想像しながら、健次は舌を妻の口の中に挿入しました。
すぐに妻の舌が僕の舌に絡んできて。ああ、気持ちいい、その時、健次のスカートの中で、
あの忌まわしい淫具が振動を始めました。ウウウ、修一の意地悪!こんな時に、
ウシロを深々と犯している淫具が健次の前立腺を苛めます。会陰部を刺激します。
陰茎根元の刺激が亀頭をペチコートに当てさせます。スカートの中でこれら刺激三点セットが、
健次を嬲ります。
メイド服姿で縛られて嬲られているという意識が被虐の情感を盛り上げ、
健次はますます興奮・発情します。射精は許されないままで、そして、今、
舌で感じているこの快感!でも、どうして?どうして舌を許すんだ?
今までの夫婦生活では頑なに拒み続けていたくせにごくまれに健次の舌を許してくれる時も、
あったけど、ほぼ毎回、健次の舌を拒絶していたくせに、いま健次は快感に目を閉じて、
妻の舌をむさぼるように弄んでいました。
そう言えばさっきも由美は舌を許してくれた、健次はぼんやりとした頭で思い出しました。
何故だったんだ?何故なんだ?

画像について。
一、ミニのプリーツスカート。
二、涼し気なトップスに合う、ショートパンツ
三、二に同じ。
四、またまた、超ミニスカート。
五、四に同じです。

続きを読む

プロフィール

lhxz96hbhbxk

Author:lhxz96hbhbxk
恵子
清楚で上品な女性が好きな、
熟な女装子です。
いろいろな方と交流が出来ればなって、
思っていますので、よろしくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カテゴリ